読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Something

なんか言うた!

2017.04.09

去年の今頃、社会人4年目だしさすがにリクルートスーツを着るのをやめよう、ついでに自分の体型に合わないプレタポルテもやめよう(この単語を使ってみたかった)、と思って麻布テーラーでスーツを1着セミオーダーした。これがまあシルエットがきれいで自己満足度が高い。ビルドアップ・ショルダーが嫌いなのだけれど安いスーツはみんなこれだからねえ。問題はお財布に優しくないことで、2着目やら予備やらを揃えるのをためらっていたのだが、ダークスーツは冠婚葬祭で必要だし、必要経費だと思って今日ついに追加で発注した。スーツ1セット、パンツ予備2枚、シャツ2枚で15万円也。……10年着るつもりで体型維持しよう。

そろそろ礼服を着なければならないシーンが来るかもしれず、これも買わねばならない。これは格好を気にして着るものでもなし、安いのでいいんだけど。儀礼にはお金がかかるものだなあ。

どうもセミオーダーのスーツはぼくの生活の身の丈を超えた価格なのではないかという気もする。こんなのばかり揃えていたらお金がいくらあっても足りない。一点豪華主義だな。


『順列都市』を読みはじめた。とてつもなくおもしろい。イーガンは先に読んだ『万物理論』があまりおもしろくなかったので期待せずに古本を買ったけれど、大正解だった。

コンピュータに転写した脳の演算順序変更については、順序を変えるためには各分割点での状態が必要なので不可能なんじゃないかなと思ったかなあ。


運転にはかなり慣れてきてアドリブが効くようになってきたんだけど、長時間運転は慣れそうにない。福岡がもう少し近ければ良かったのだけれど。

広告を非表示にする

2017.04.08

コーヒーを淹ようとして、ふと、そういえばうちの水道水って死ぬほどまずいよなと思ってミネラルウォーターで淹れたら三倍くらい美味しくなった。えぐみが綺麗さっぱり消えた。人生とは。ぐぬぬ。引っ越したら高い浄水器入れてやるかんね。


今日もプール。30分ほどでも全身運動すればかなりサッパリする。プールだと不快な汗もかかないし、運動としてはかなりオススメですよ。


明日は福岡へ行きます。

広告を非表示にする

2017.04.07

酒を飲む頻度が減ったせいか、飲み始めはビールでさえ度数が高く感じることがあって、シャンディ・ガフが本当にうまい。


出張は楽しいけど疲れる。多くても月に二回ほどにしたいもんだ……。

広告を非表示にする

2017.04.06

ある日、彼はタンスを漁って6足のやもめを見つけたのち、ようやくそのうち1足のつがいを探し出して穿いた。残された5足はまた気だるげに捨て置かれた。


ぼくの中には理想のぼくがいて、ぼくならこんな納期でこの仕事はできるはずだと言う。でも、その半分の速さで仕事が進めばかなり良いほうだ。理想のぼくはその仕事に習熟していて、もはや何も調べることなく成果物を作ることができるのだから。


今日は大阪Craft Beer Bar Marcieroを再訪。タップ8本がよく入れ替わって飽きないし、マスターは話しかけてこないタイプなので余計な話をする必要もない。大阪出張の一人飲みにはこの店にほぼ決定の状態だ。どうも常連客の半分が下品なのが珠に傷かな。

  • BFM √225 Saison
  • 反射炉ビヤ 五郎左衛門
  • Labrewatory Cross Czech Pilsner

隣の客が曽我部恵一だった。それだけのこと。でもサニーデイ・サービスはなかなか好みの歌をつくる。


ハーラン・エリスンの作品はSFではなく幻想文学なのだ、とふと気づいた。難しいと思っていたことは難しくもなんともなく、骨子と思っていたものは骨子ではなかった。それにしても見事な夢うつつであることだ。そう思って単純化してみると、この人の作品のメインテーマはいつも物語の最後に書いてあって分かりやすい。

広告を非表示にする

2017.04.05

Railsチュートリアルを9章まで。未だにいまいちModelとControllerとそのHelperの書き分けがよく分かっていない。


Rubyの文法がキモすぎて正気を保ちがたい。バグの潜む余地(プログラマが常に気をつけていなければいけないこと、例えば暗黙のメンバ変数定義とかnil周りのチェックとか「同じ記号が複数の意味を持つこと」とか)がありすぎて、テスト駆動開発ごときでバグを潰しきれるとは到底思えない。なんでこんなものを運用する気になったんだよ。作成時の手間を惜しんでデバッグとリファクタリングの手間を増やしているようにしか見えないよ。

静的型付けの言語に乗り換えたいなあ。商業ベースで機能しているWebフレームワークがある言語と考えたらScala一択か。


Haskellでは、引数名をcとかxsとか型や構造を意味する短形式にしていると混乱しにくいのだが、変数の意味を名前にしようとすると逆に理解しづらくなる(それが関数なのか変数なのかさえ瞬時にはよく分からなくなる)。関数型言語って感じしておもしろい。代わりにドキュメントはしっかり書かないとね。


ハーラン・エリスンの短編集『死の鳥』を読んでいる。こんなに難解な小説を初めて読んだ……。どの短編も理解できないのにクッソ面白いのがいっそう腹立たしい(この作者のレトリックがあまりにうまいので、極端に言えば表現だけでおもしろみを感じさせるからなのだが、それだけに骨子を楽しめてない感がひどい)。キリスト教の死生観やら教養やらが足りてないせいで不必要に難しく感じている気もする。もう少し各短編を読み込んでから私見を書いてみたいと思う。

広告を非表示にする

2017.04.04

不満のない1日。


東京に来たので品川のGLASS DANCE 品川へ。生ビールが美味しいので今日は幸せ。

  • De Koninck
  • Hommel
  • Stella Artois

大分にもこれくらいのビアバーがあれば良いのにと思うけれど、大分でビール1杯800円は厳しいんだろう(大分では高収入合コンの基準が年収4-500万に設定されるくらい賃金分布が低い)。そのわりにはオーセンティックバーがそこそこ成立しているのでよく分からない。


気分を害することがあっても、寝たら忘れて、にこやかにまた接すること。いい人のコツだよね。

広告を非表示にする

2017.04.03

「不死鳥の秘密は、適度な甘えにあるのだよ。」


新年度初日。今年は自分のテーマに大幅増員があったのでやる気は高い。やる気は高いのに残務が終わらないので困る。


人の気持ちを察することはとても難しい。でも、お互いに話し合う気さえあれば理解には手が届くから、人間っていいよね。

言葉にしなければ伝わらない。言葉に、しなければ。

広告を非表示にする

2017.04.02-2

精神安定の最も小さな基盤となるのは、閉鎖的な小集団なのではないかと思う。それは家族に限らず、趣味友だったり店の常連仲間だったりすると思う(学生時代の仲良し組みたいなものだ)。ぼくは会社でそういうものは作れなかったし、入り込めそうな地域のコミュニティも見つけられなかったけれど、家族は得られることになる。

少し前に友人と「彼女あるいは妻にインテリジェンスを求めるか」という議論になったとき、ぼくは求めないと答えたのだった。精神をほんとうに癒やしてくれるのは身体であって、例えば声を出したり運動したり日光を浴びたり食事を楽しんだり身体に触れたりという方法で実現されるのだけれど、それを共にするためにインテリジェンスは必須ではない(もちろん良識程度は必要だ)、というのがぼくの実感だ。知的活動はその結果より楽しむことができるようになったと思う。趣味にせよ自己研鑽にせよ、知的活動を先に究めようとするのはぼくにはできなかった。

それで今のぼくは知的活動の機運にあるわけだけれど、知的活動はそのほとんどの時間を内的に費やすからたまに会う友人がいれば十分だし、また知的活動はおよそ言語化可能であって(あるいは言語化することから構成されていて)インターネットを介することができる。だから、そういうものはこれからもこのブログを読んでくれている友人たちに求めることにした。ぼくには君たちが必要なんだ、ぜひ今後もつきあってくれ。

もっとも、ぼくの知的活動には大きな制約が加わることになる。一人の時間は少なくなるし、どこかに出かけたときに風光明媚な場所や美術館に気の済むまで滞在することだってできやしない。まあ、それは致し方ない犠牲というもの、たまに一人の時間をいただけばよろしかろう、と思っている。


友でも彼氏彼女でも、誰かを好きになるということは、半分以上は意志に拠るのだと思う。というのは、誰かに自分の好意を誤解なく伝えるためには様式があり(その95%は「好意を率直にいつも言う」ということだ)、その運用にはずいぶんと努力を払う必要があるからだ。この様式は「自然体がいい」なんて言わずにイタリア人にでもなったつもりで自然体になるほど刷り込んだほうがいいと思う。ティ・アーモ。

広告を非表示にする

2017.04.02-1

‪エイプリルフールでしたね。近々、結婚することにしました。‬入籍は5月の予定です。


ぼくは不安傾向なのだけれど、最近は安定の第二軸ができてきたこともあって、大きな変化があってもそれなりになんとかなるような気がしている。軸を複数持っておくことはやっぱり大事なことで、家庭、(歯車としてでもそこで機能していると言う意味で)職場、それから個の能力くらいが揃っていると三軸が揃って精神がジンバル的安定を見せそうだ。三軸目の、どこに行っても食ってはいけると言えるくらいの高い能力を身につければ、ぼくももう少し安定することだろう。

その能力とは、専門的知識ではなく、状況に適応する力、自ら判断して進める力なのではないのか、妥当に考える力なのではないか、という気がする。新しいことに挑戦することでしか培われないものだ。この安定を土台にして不安領域にも踏み込んでいきたいところ。


少なくとも集団行動という点においては、大人は子供の延長線上にあるだけなんだ、ということをたまに思う。例えば、学生のころ、なんでこんなことをくそまじめにやるんだろう、お遊戯じゃないんだから、と思っていたようなこと―――例えば模造紙を使った発表のようなことを、社会人も実はくそまじめにやっている(全員をまじめに参加させることができたときだけ効果がある)。


今日はプールで泳いで、うなぎを食べて、たっぷり昼寝をした。明日からまたがんばります。

最近どうも二度寝ができなくなった。昼寝ならできるのだけれど(すっきり)。着々と年齢を積もらせている感じがする。

広告を非表示にする

2017.04.01

エイプリルフールですね。近々、結婚することにしました。


テスト駆動開発がどうしてもコントローラブルなものに見えない。Railsチュートリアルを読んでいると、テストの書きかたの方法論は示されないし、そもそもテストを書いたり書かなかったりする。他のテスト駆動開発の解説を読んでも、パターン化して網羅的に書こうという試みさえ見えてこない。これはおそらく、テスト駆動開発があくまで製作者の意図しないバグを排除するためのものだからで、想像もしない動作やバグを排除するためのものだとは考えられていないからだろう(例えば、攻撃耐性のテストは攻撃手法を知らなければ書けない)。

でも、既知の攻撃手法に関してはテストを共通規格化してデータベース化してそれなりにうまく想定外を捕まえてやる方法があるような気がする(それこそ例えばHaskellであれば)。世の中の情報流出事件を見るに需要もありそうだ。


食べ放題のいちご狩りに行ってみたのだが、これが予想外に幸福でストレスが全解放された。少なくとも今月はがんばれそうだ。さらに明日はうなぎを食べてもう少し元気を充填する予定。


最近、辛いお酒がきつくなってきたのだけれど、カクテルに手を出そうかなあ。

広告を非表示にする

2017.03.31

眼鏡用に超音波洗浄機Citizen SWT710を導入。整髪料の汚れもかなりよく落ちるので満足。ちょっと頭が痛くなる音がするので、かけている間はそばにいないほうが良さそうだ。

整髪料をつけるのは嫌いなんだけど、今の髪型ではそうも言っていられない。本当はボウズ頭に近いところまで切ってしまいたいんだけどね。


年度末。来年度をがんばれるようにこの週末は思いっきりストレス解消しよう。


フランスはなんだか国内の各地域がうまくブランド化されているように思うのだが、日本もそういうことができないものかな? ポテンシャルは同等以上のものがあると思うのですよね。

広告を非表示にする

2017.03.30

テスト駆動開発、さすがに面倒くさすぎやしないか。ふるまいを定義することが大事だということは分かるのだが、もう少し技術的に省力化の工夫がないとやってられないような気がするぞ、これは。HaskellでいうQuickCheckみたいなものがあるのかと思っていたら、どうもRailsにはなさそうだし。

テスト駆動というからにはふるまいを規定するわけだが、良いテスト(致命的な漏れをできるかぎり減らしたテスト)を書くための技法などないのだろうか。リスク分析の世界にFMEAやFTAやHAZOPがあるように。


夜に運転したければ酒が飲めないので飲む機会がとんと減ってしまったけれど、だからこそ唐突に飲みたくなる夜のためにワインセラーを置いておく甲斐があるってものだ。


Railsチュートリアルは7章まで履修。Railsの各論をそれぞれ一回ずつやっても身につく気はしないが、この機能の説明はここにあった、ということだけは把握することができるね……。本当にやる気の出ない学習だよこれ。

広告を非表示にする

170329

今日はパイナップルを食べすぎたので舌がヒリヒリする。


光目覚ましの導入後は、光で目覚めることはできないけれど光なしで目覚めるよりは寝起きが良い、というところのようだ。まあ、導入効果はあったんじゃないかな。


土地に縛られない職種に転職したいなと思うことがある。家はどこかの地方空港の近くにでも置いておいて、各地のうまい飯を食いながら昼はそこいらの喫茶店で仕事をするような生活がしたいものだ。もっとも、そんな生活は独り身のうちの夢でしかないのだけれど。


Railsチュートリアルの履修、6.2.2まで。

Railsの憶えなきゃいけない命名規則が多すぎる問題のほとんどは、静的型付け(できれば関数型)の言語では消滅するのではないかと思う。型さえ定義してしまえば命名規則なんてユーザーの好きにさせれば良いのだから。Railsのようなフレームワークは動的型付け言語でやることではないのではないか?


Atomのファイル名を良い感じに検索する機能、もう絶対に手放せないな。この発明はパラダイムシフト的だ。

広告を非表示にする

2017.03.28

時々そろそろWordとExcelの代替品が成立していないかと探すのだけれど、やっぱり見つからない。美文書にこだわらなければやりようはあると思うんだけど(Markdown + Pandocなど)、美文書派なので仕方がない。それでも議事録くらいはMarkdownで書けるようにしておいてもいいと思う。

Microsoftもファイルフォーマットを変えたときにCSS for Wordみたいなのを作れば良かったのに(それってほとんどTeXなのでは)。


いちごが安くて美味しい季節ですね。2パックも食べました。幸せ。


そろそろ半年ほどTwitterの広告アカウントをブロックし続けているのだけれど、それでも広告が表示され続けるほど広告出稿があるものなのだなあ。

広告を非表示にする

2017.03.27

帰り際にスーパーに寄ったらふきのとうが安かったので衝動的に天ぷら。香り高くてたいへんおいしかったです。幸せ。


定時前から始まる研修を失念していて、遅刻したので堂々とテヘペロしておいた。平気で定時前始まり定時後終わりの研修やら会議やらをするから定時内に仕事を終わらせる文化が崩れると思うんだけど、遅刻した手前批判しづらくて困る(西洋人あたりに言わせれば、それとこれとは別、ということになるのかしら)。

ゴール(その研修を受けることで何をどのレベルでできるようになればいいか)の示されない研修ってそれだけでもうクソだと思うんだけど、そんな研修しか受けたことがない。


macOS 10.12.3で、マウスカーソルがでっかくなっちゃった機能の初回発動時にでっかくなっちゃったマウスカーソルが必ず画面に残って再起動しないと消えないという症状に悩まされている。とりあえずバグ報告してからでっかくなっちゃった機能をオフにした。


久しぶりにRailsチュートリアルの続きを進める。5.3章まで。相変わらずRailsは脳みそがとろける楽さだけど、憶えるべき独自ルールが多すぎてプログラミングをしている気がしない。特に、ある記述をすると〓〓って変数が自動で使えるようになるよ系がつらい。こういうのはgetter/setterくらいが脳みその限界ではないですか?

広告を非表示にする